故郷の横浜でAF風俗を楽しむ

・横浜AF風俗で女の子にイカされる

先日僕は初めて故郷である横浜のAF風俗で気になっていた女の子を指名してみることにした。そのときの興奮に胸を躍らせ冷静になれないでいた。あぁ、ようこちゃん!本当に良い名前だよ、ようこちゃん!ついにようこちゃんと会ってしまった!今でもようこちゃんの顔や声を思い出すと勃ってしまう。夢のような時間を過ごしてしまった。僕が緊張しているのを察したのか、気軽に色々と話しかけてくれて本当に気持ちがほぐれた。一緒にシャワーを浴びようと誘ってくれて夢だった洗い合いっこができたのも最高だった。もうシャワーのときからアソコは痛いくらいにビンビンで、舐めて貰った瞬間にイッてしまって恥ずかしい。それでも一向におさまらないアソコを丁寧に舐め上げてくれて、そのままベッドイン。プレイ内容は風俗のHPに書いてあるような普通のものだったが、見た目に寄らず、Sっ気が強く、まさか自分が責められることであんなに感じてしまうとは思いもよらなかった。このとき僕は横浜で風俗を利用して良かったと心から思ったのだった。そしてプレイは続き乳首責めたアナル責め、それだけでもうイッちゃいそうなのに上に乗られ、イッちゃだめだよぉと言われながら、イクのを我慢しなければならないのが本当に素晴らしく、当然のごとく苦しかった。ついに我慢出来なくなり、2回目にも関わらず、全身が痺れるような射精をした。「あぁ、これだ。これだよ!」 僕が求めていた最高の射精が、今まさに最高に好みの女の子によってもたらされた。本当に横浜風俗に来て良かったなと思っている。

・横浜AF風俗で故郷を誇りに感じる

こんな幸せがあっていいのだろうか。そのあと、少しベッドで話ながらイチャイチャして時間になりお別れ。別れるのが本当に辛かった。パネマジの不安もなんのその。今になって考えてみれば、少しおっぱいは写真より小さく感じたけど、顔は写真より可愛いんじゃないかと思うほど可愛かった。それだけに横浜風俗嬢の質の高さも知ることができたのだった。そしてもっと良い写真を使えばいいのにという気持ちと、そんな写真を使ったら人気が出てしまうという嫉妬で僕の頭の中はぐちゃぐちゃになっていく。とにかく僕は、もうすでにようこちゃんに会いたい。今は次にいつ行けるかスケジュール調整をしている。ありがとう横浜AF風俗!僕はこの街で生まれ育ったことを誇りに思う。そして、これからもこの町で元気に楽しく生きていくこと誓ったのだった。