池袋AF風俗と出費

池袋風俗でAFを楽しむ人の中でも、一月に風俗店で費やす料金は人によって異なるのではないか。人によっては先月使ったため今月は風俗に行かないという人もいるだろうし、臨時収入があるためいつもより高級なお店に行こうと考える人もいるかもしれない。このような例もあるが多くの場合、1~10万といった予算の中に収まるのではないだろうか。ただ当然風俗店でプレイを楽しむというのは、格安店だろうが高級店であろうが決して少ない出費ではない。それだけに人それぞれの方法で、できる限り出費を抑えるように心がけているのではないだろうか。ここではあまり金額をかけずに風俗を楽しむ、我慢してお金を貯めて高級店に行くという方法について書いて行こうと思う。

これは一月に風俗にかける費用が3万円だとしたら、一月風俗に行くことを我慢して6万円の店で遊ぶということだ。この方法は風俗に行ってお金をかけるのなら、それに見合ったハイクラスな女の子と楽しいプレイを味わいたいという人向けとなる。格安店であれば一回1万円前後で楽しめるお店もあるので、一月の費用が3万円ならその間に2~3回行けるということ。ただその価格設定をしているお店は40分位と時間が長くない、それに伴い女の子の質が高くない場合が多いなどというデメリットもある。それに対しソープの高級店では6万円かかるが130分という長い時間設定でプレイを楽しめる。つまり格安店3回分の時間設定であり、もし2月で3~4回しか格安店に行けないと考えると長い目で見れば決して損をしている訳ではない。またソープの場合は本番行為が可能であるため、いつも行っているお店が本番なしの風俗店であればプレイの面でもお得感がある。そして高級店はハイクラスな女の子の割合が高いというメリットもある。そのようなお店は面接をしっかり行っている場合が多く、ルックス・スタイルなど外見があまり良くない・常識や礼儀がないといった女の子を採用する場合は少ない。そしてお店で行うサービスや接客などについてもしっかり研修などでレクチャーし、そのうえでお客の前に出すことが多いという。このようなことから少しお金を貯めて高級店に行くことは、多くのメリットがあると言えるだろう。

ただ上ではソープの高級店を勧めたが、これと同じかそれ以上の料金設定をしている高級デリヘル店に行くとさらに良いかもしれない。高級デリヘル店は130分6万円などとしっかりした総額料金が決まっている場合は少なく、女の子や利用するホテル代など別途料金がかかることも多いため必然的に総額料金も変わってくる。そのため高級デリヘル店の中でも別途料金のかかるような女の子を選ぶと、場合によっては10万円ほどの料金がかかってしまうこともあるようだ。このように金額面ではデメリットはあるのだが、外見など女の子の質という面では高級ソープ店より高いと言われている。その理由のひとつとしてプレイの過酷さによって女の子の質が変わってくるということが言える。風俗で働く女の子の多くは「短い時間でできるだけ身体に負担がかからない方法でお金を稼ぎたい」と思っている。そのため本番行為のあるソープという業種は、身体にかかる負担が一番大きいということもあり敬遠している女の子が多いという。それ以外にはエッチなサービスは行うが本番行為のないデリヘル・ヘルスなど、自分がお客に責められることのない性感マッサージなど、裸になることもないキャバクラ・ガールズバーなどという格付けができる。この中でも身体にかかる負担が少ないところには多くの女の子が集まるため、必然的に質の良い女の子が集まりやすくなるようだ。そのためソープより身体への負担が少なくデリヘルの方が女の子の質も良く、さらにエッチなサービスを受けられる点でお得感があると言えるのではないだろうか。また池袋にはAFを楽しめる風俗も多いので、遊んでみるのもひとつの手だろう。

関連記事

錦糸町AF風俗と質の良いデリヘル

錦糸町のAF風俗と最高のデリヘルを求める男

故郷の横浜でAF風俗を楽しむ

五反田AF風俗との決別を決めた男

大久保AF風俗と性病について

横浜AF風俗と色々なツール